スキップしてメイン コンテンツに移動

スマートフォンに大事なデータを持ち歩く

100%の安全はありませんが、データの暗号化を工夫すれば、FBIも解読に困ります。
 (TrueCrypt の FAQ から)
その工夫はお金かかると思うかもしれませんが、フリーのツールが揃っています。
やり方は既に公開されていますので、こちらのサイトをご参照ください。
パソコンに必要なのは、TrueCrypt というオープンソースのソフトウェアで、Windowsも Macも Linuxも使える優れたものです。
残念ながら、TrueCrypt の本家には Android のアプリが提供されませんでした。
幸い、ESD というアプリが下記の条件で TrueCrypt の暗号化ドライブを読み書きできます。
If you want to use your TrueCrypt container in Eds Lite you should use the following settings when creating container.
Encryption algorithm: AES 256
Hash algorithm: SHA-512
File system: FAT
筆者は500MB, 1GB, 3GB, … 様々なサイズのファイルを作ってスマートフォンとパソコンの間で重要なデータを同期させています。
それから、ファイルの拡張子は、mp4にしても何にしても関係なく暗号化ドライブとして使えるので、隠蔽性がさらに高くなります。
パソコンの暗号化ドライブをまるごとスマートフォンにコピーして上書きするのもいいし、一旦SDカードに移してから、ESDで移動するのもよいのです。やり方はいろいろあります。
ESD は Lite バージョンで十分だと思いますが、有償のバージョンですと、TrueCrypt との統合性が更に高まるのと Dropbox との同期もできるなどいろいろな機能が増えます。特に root 化したスマートフォンはドライブとしてマウントできますので、マウントした後は SD のように使い勝手がぐ〜んと上がります。今後は有償の EDS を使おうかな〜と考えています。
暗号化ドライブをクラウドに投げて、タイムカプセルにするのもありですね〜^^

コメント

このブログの人気の投稿

余裕ですかね。

  いまの自分はやることが多いが、意外と慌てず一歩一歩現場と歩んでいき、地道にデータ入力から可視化までの利便性、完全性と正確性を追求する余裕が出ております。SpotfireというBIツールにハマり、人に使い方を教えながらもまたその恩恵を受けているといういい循環も大きいですね。大体自分のようなポストにいる人たちはあまりプログラムを書く余裕もないだが、自分は幸せのほうと思います。

自己流思い付き

 長年契約してきたさくらインターネットのVPSに稼働しているWordpressが何らかのものに削除されました。幸い残したいものはこのブログに移したので、あまり困ったことはありませんでした。もうVPSを解約しようと思いますが、今年の11月までの契約なので、正直って迷っております。  職場のホームページサーバがMacmini上のピュアDebianなので、実験台としてVPSを契約したのですが、もう実験しないし、解約してもよいだと思います。   このブログもこれをきっかけにタイトルを変えました。

趣味はなんですか?

 最近、仲間に趣味はなんですかって聞かれたらどう答えますか? う~ん、そうね。パソコンですかね。(いかにもオタクっぽいイメージがありますね。^^;) それともデータ処理ですかね。(ちょっと硬いイメージですかね。>_< もうちょっとよく考えると、データ探しですかね。まあ、一般の人は聞いてもわからないでしょうけど。