スキップしてメイン コンテンツに移動

閉域網の電子カルテにJitsiを稼働させてみた!(続き)

 前回は、閉域網の電子カルテにJitsiを稼働してみた!を紹介しました。

サーバは古いMacminiですが、今回はインターネット環境のWindows 10のHyper-VでDebian 10を入れて、仮想サーバを電子カルテネットワーク内の、Windows server 2019とWindows server 2008のHyper-Vに移植する試みを紹介します。

Hyper-Vにすることで、新しい研究用仮想基盤や古いサーバ(旧国立大バックアップシステム等)の仮想基盤化で必要数に応じて簡単にJitsiサーバを増やすことが可能という利点があります。それから、故障した場合も簡単に他のHyper-V仮想基盤にすぐ再稼働することが可能なので耐障害になります。

今回利用したDebianのインストーラは、debian-10.7.0-amd64-netinst.isoです。

基本のDebianのインストールはインストーラの指示通りでできますので、こちらで割愛します。必要なサービスは、VNCやSSHあたりです。GUIが利用したい場合、お好みのデスクトップで構いません。

Jitsi Meetのインストールは、こちらのサイト(英文)を参考していますが、

こちらの環境では、下記のコマンドでやってみました。ドメイン名を使わず、IPアドレスのみでの設定なので、Hyper-Vのチェックポインの機能でIP変更のたびにJitsiをインストールします。


$ wget https://download.jitsi.org/jitsi-key.gpg.key
$ sudo apt-key add jitsi-key.gpg.key
$ sudo nano /etc/apt/sources.list.d/jitsi-stable.list
  #下記の一行を追記
  deb https://download.jitsi.org stable/

$ sudo apt update
$ sudo apt -d install jitsi-meet
  #電子カルテから簡単にインターネットからダウンロードできない環境を考えるととりあえず-dでダウンロードオンリーにします
  #ここでHyper-Vのチェックポインにします。

$ sudo apt install jitsi-meet
インストールの途中で下記の画面がでますので、設定したいIPをいれてください。

続いて、サーバ証明書は、Self-signedを選んでください。


ブラウザーからIPを入力すれば、警告はでますが、安全ではないが開く等をクリックすれば、会議を利用できます。







コメント

このブログの人気の投稿

自己流思い付き

 長年契約してきたさくらインターネットのVPSに稼働しているWordpressが何らかのものに削除されました。幸い残したいものはこのブログに移したので、あまり困ったことはありませんでした。もうVPSを解約しようと思いますが、今年の11月までの契約なので、正直って迷っております。  職場のホームページサーバがMacmini上のピュアDebianなので、実験台としてVPSを契約したのですが、もう実験しないし、解約してもよいだと思います。   このブログもこれをきっかけにタイトルを変えました。

余裕ですかね。

  いまの自分はやることが多いが、意外と慌てず一歩一歩現場と歩んでいき、地道にデータ入力から可視化までの利便性、完全性と正確性を追求する余裕が出ております。SpotfireというBIツールにハマり、人に使い方を教えながらもまたその恩恵を受けているといういい循環も大きいですね。大体自分のようなポストにいる人たちはあまりプログラムを書く余裕もないだが、自分は幸せのほうと思います。

趣味はなんですか?

 最近、仲間に趣味はなんですかって聞かれたらどう答えますか? う~ん、そうね。パソコンですかね。(いかにもオタクっぽいイメージがありますね。^^;) それともデータ処理ですかね。(ちょっと硬いイメージですかね。>_< もうちょっとよく考えると、データ探しですかね。まあ、一般の人は聞いてもわからないでしょうけど。