フォロワー

2015年2月26日木曜日

Mac 上の GenyMotion で Android のスマートフォンを動かして、Final FANTASY LEGENDS 時空ノ水晶を遊ぼう!


Mac 上の GenyMotion とエミュレータのインストールはこちらのサイトをご参考ください。本記事は割愛します。
しかし、通常の GenyMotion をインストールしても 時空ノ水晶を起動する途中でおちますので、
いろいろを調べて試したら、こちらのサイトを見つけました。
方法は、Installing Intel® HAXM on Mac OS X* をインストールして、メモリを 2048 MB を設定しただけです。
ダウンロードサイトはこちらです。
ちなみに使っているエミュレータは、Sony Xperia Z 4.3 です。




招待コードが必要なら、OREYU7cR0Rz0Zb を入れてください。

2015年2月19日木曜日

A4版ホームページサンプル A4版網頁範例

サンプルはこちらです。範例按此

<html>
<head>
<style>
body {
background: rgb(204,204,204);
}
paper[size="A4"] {
background: white;
width: 21cm;
height: 29.7cm;
display: block;
margin: 0 auto;
padding: 1cm;
margin-bottom: 0.5cm;
box-shadow: 0 0 0.5cm rgba(0,0,0,0.5);
}

@media print {
body, paper[size="A4"] {
margin: 0;
box-shadow: 0;
}
}
</style>
</head>
<body>
<paper size="A4">
<center>A4版網頁範例<br>
A4版ホームページサンプル</center>
</paper>
<paper size="A4"></paper>
<paper size="A4"></paper>
<paper size="A4"></paper>
<paper size="A4"></paper>
</body>
</html>

【20150221追記】

左側に広告のサイトバーを追加したバージョンを作ってみました。

印刷するときは、サイトバーが印刷されないようにしました。


サンプルページはこちらです。

シャープ冷風除湿機 CV-B100 をエアコンの代わりに!?

先日冷風除湿機を買いました。経緯はこの記事をご覧ください。

最初はもう一台のエアコンを設置したいのに、電気供給が足りないため、

設置できないから、せめて湿度でもコントローラーしようと思って買ったのです。

他のサイトで本体の先頭の出口は冷風がでるが、後ろに熱風がでるため、

部屋全体は涼しくならなく窓際で使わないとエアコンの代わりには使えないそうです。

で、ゴミ袋で繋げてパイプを作りました。部屋全体が涼しくなりました。

で、あまり関係ないですが、今日一緒に海に入った千円札を乾かすのが速かったです。

さすがに 3LDK でエアコンが一台しか設置できないのはきついですから、

これでなんとかこの夏を凌げますね。もしかして、エアコンより省エネかもしれません。^^



2015年2月10日火曜日

awk で DPC データの匿名化

DPCデータの前処理はこちらの記事をご参照ください。
$ awk 'BEGIN {FS=OFS="\t"}  { cmd="echo salt"  $3 " | openssl dgst -sha256 | sed \"s/(stdin)= //\" "; while (cmd | getline var) print $1,$2,var,$4,$5,$6,$7,$8,$9,$10,$11,$12,$13,$14,$15,$16,$17,$18,$19,$20,$21,$22,$23,$24,$25,$26,$27,$28,$29,$30,$31,$32; close(cmd)}' DPC_EFn_201404-12.txt > DPC_EFn_201404-12_Crypt.txt 
【解説】
・BEGIN {FS=OFS="\t"} :入力フィールドセパレータFSと出力セパレータOFSをTABに指定する。
・cmd="echo salt $3 " | openssl dgst -sha256 | sed \"s/(stdin)= //\" " :フィールド3に対して塩をかけてsha256暗号化をするコマンド
・cmd | getline var :コマンド cmd の実行した結果を var に入れる。
・print $1,$2,var,$4,... :$3 だけを暗号化した文字列に入れ替える。
・close(cmd):cmd を閉じる
・DPC_EFn_201404-12.txt :入力ファイル
・> DPC_EFn_201404-12_Crypt.txt :出力ファイル

匿名化用 openssl コマンド sha256でダイジェスト

openssl rand 3*1024 | openssl dgst -sha256 | sed "s/(stdin)= //"
【解説】
・まず openssl rand で 3kb のバイナリファイルを作成し、またパイプを通して openssl dgst -sha256 でダイジェストを生成する、最後に sed で (stdin)=を除けば、
いろいろなプログラミング言語で 変数に代入できます。
例えば、shell の場合:
dgst=`openssl rand 3*1024 | openssl dgst -sha256 | sed "s/(stdin)= //"`
echo $dgst
【出力例】f142f690487be57f5ce41f71a3ae1c3928a8ecc1bc2b06e2e33c8363673d3c22

awk で SQL のようにグループごとの件数をカウントする

用いたデータのこの記事をご参考ください。
まず、DPC_EFn_201404-12.txt というテキストファイルの先頭が 201404 の行数(件数)をカウントする場合、下記のコマンドでできます。
(テキストは370万行なので、かなり時間かかります。)
$ awk '$0~/^201404/ {print $1}' DPC_EFn_201404-12.txt | wc -l
【結果】380502
でも、awk のみでカウントしたい場合は、下記でも行けます。
$ awk 'BEGIN {count=0} $0~/^201404/ {count=count+1} END {print count}' DPC_EFn_201404-12.txt
【結果】380502
正規表現ではなくカラム1で指定したい場合、
$ awk 'BEGIN {count=0} $1=="201404" {count=count+1} END {print count}' DPC_EFn_201404-12.txt
【結果】380502
さて、SQLの select yyyymm, count(*) from DPC_EFn_201404-12 group by yyyymm のようにしたい場合、
$ awk 'BEGIN {FS=OFS="\t"}  { if($1 in hash) hash[$1] = hash[$1]+1; else hash[$1]=1} END {for(key in hash) print key,hash[key]}' DPC_EFn_201404-12.txt
【解説】入力ファイルのファイルセパレータ FS と 出力ファイルのファイルセパレータ OFS をTABに指定して、カラム1($1)がハッシュ配列にあれば、その値を+1、ない場合は1をいれます。最後にキーと値のペアを標準出力に出します。
【結果】
201410    435993
201411    391426
201412    403304
201404    380502
201405    390134
201406    423224
201407    450589
201408    429559
201409    412329
しかし、ソートしてないですね。ソートは少なくても下記の2パタンがあります。
$ awk 'BEGIN {FS=OFS="\t"}  { if($1 in hash) hash[$1] = hash[$1]+1; else hash[$1]=1} END {for(key in hash) print key,hash[key]|"sort" }' DPC_EFn_201404-12.txt
あるいは
$ awk 'BEGIN {FS=OFS="\t"}  { if($1 in hash) hash[$1] = hash[$1]+1; else hash[$1]=1} END {for(key in hash) print key,hash[key] }' DPC_EFn_201404-12.txt | sort
【結果】
201404    380502
201405    390134
201406    423224
201407    450589
201408    429559
201409    412329
201410    435993
201411    391426
201412    403304
残念ながら、上記のコマンドはデータベースとほぼ変わらないほど遅いので、gawk で試しました。
gawk 'BEGIN {FS=OFS="\t"}  { if($1 in hash) hash[$1] = hash[$1]+1; else hash[$1]=1} END { for(key in hash) print key,hash[key] }' DPC_EFn_201404-12.txt
【結果】
201404    380502
201405    390134
201406    423224
201407    450589
201408    429559
201409    412329
201410    435993
201411    391426
201412    403304
(なぜかちゃんとソートしてくれました)
上記が早いので、年月を 201404 の絞込も下記のほうがかなり早くなります。
$ gawk 'BEGIN {FS=OFS="\t"}  { if($1 in hash) hash[$1] = hash[$1]+1; else hash[$1]=1} END { for(key in hash) if (key=="201404") print key,hash[key] }' DPC_EFn_201404-12.txt
【結果】
201404    380502
次回は 「awk で SQL のようにテーブル(テキスト)を join する 」を書く予定です。

awk で DPC EFファイルの先頭に年月を追加する

  • ある病院のDPC EFファイルの件数
$ wc -l EFn_000000000_14*.txt
  380502 EFn_000000000_1404.txt
  390134 EFn_000000000_1405.txt
  423224 EFn_000000000_1406.txt
  450589 EFn_000000000_1407.txt
  429559 EFn_000000000_1408.txt
  412329 EFn_000000000_1409.txt
  435993 EFn_000000000_1410.txt
  391426 EFn_000000000_1411.txt
  403304 EFn_000000000_1412.txt
 3717060 total
  • 年月を先頭につけて、UTF-8に変換し、1つのファイルに出力する
awk '{print "20" substr(FILENAME,15,4) "\t" $0}' EFn_000000000_14* | nkf -x > DPC_EFn_201404-12.txt
【解説】ファイル名の年月はYYMMなので、先頭に"20"を追加します。年月YYMMはファイル名の15文字目から4文字をとります。TAB("\t")を挟んで元の行($0)とくっつけます。それから、パイプ | を通して nkf コマンドで 文字コードをUTF-8(-x)に変換してから、DPC_EFn_201404-12.txt というファイルに出力(>)します。

2015年2月5日木曜日

ASUS 3000台灣ドル以下の 2 SIMカードのZenFone C を発売!

4.5型の画面とインテル1.2GHz Atom Z2520 デュアルコアのCPU、3G通信、2SIMカード(SIMフリー)、500万画素のPixelMasterカメラを搭載しています。
狙いはスマートフォン入門の客層で、2990台灣ドル(約11000円)の低価格で提供しています。
メモリは1GBで、内蔵のストレージの容量は8GBとなります。
前方のカメラは30万画素で、GPS機能も内蔵し、充電池の容量は2100mAhとなります。
なお、次世代のZenFone高級機も3月に発売する予定で、市場最大4GBメモリを搭載する予定です。もう一つ製品の次世代ZenFone Zoomは1300万画素、3倍光学ズーム搭載の予定です。