スキップしてメイン コンテンツに移動

大学病院データ利活用の課題

 ここ数年間、いくつかのシステムとそれに関連するデータベースの課題を探ってきました。

その中、やはり折角導入したシステムなのに、活用しきれていないものが少なくないように感じております。こう使えば簡単に使えますと薦めたいため、自作の簡単なプログラムは避けられないですね。

プログラミングってインターネットの端末だと、マルウェア等々の情報セキュリティの対策をしっかり取れば、問題なく環境が入手できますが、リモート保守や医療機器の稼働監視等々以外は、外部からの通信や外部への通信が許されない環境ではなかなか自分が使いたいものをすぐ入れられることではないです。

一番ハードル低い方法としては、既に全部の電子カルテ端末が揃っているアプリケーションとデータベースへの接続設定をうまく活用する方法でした。当院と同じベンダーであれば、同じく通用すると思います。

最終に辿り着いたのはExcelのVBAとOracle、Sqlサーバ、PostgresSQLとの組み合わせでした。RPAも導入したいところですが、とりあえずマウスとキーボード、それからオブジェクトを制御するVBAでカバーしております。今後余裕があるとき、少しずつ紹介しましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

趣味はなんですか?

 最近、仲間に趣味はなんですかって聞かれたらどう答えますか? う~ん、そうね。パソコンですかね。(いかにもオタクっぽいイメージがありますね。^^;) それともデータ処理ですかね。(ちょっと硬いイメージですかね。>_< もうちょっとよく考えると、データ探しですかね。まあ、一般の人は聞いてもわからないでしょうけど。

自己流思い付き

 長年契約してきたさくらインターネットのVPSに稼働しているWordpressが何らかのものに削除されました。幸い残したいものはこのブログに移したので、あまり困ったことはありませんでした。もうVPSを解約しようと思いますが、今年の11月までの契約なので、正直って迷っております。  職場のホームページサーバがMacmini上のピュアDebianなので、実験台としてVPSを契約したのですが、もう実験しないし、解約してもよいだと思います。   このブログもこれをきっかけにタイトルを変えました。

余裕ですかね。

  いまの自分はやることが多いが、意外と慌てず一歩一歩現場と歩んでいき、地道にデータ入力から可視化までの利便性、完全性と正確性を追求する余裕が出ております。SpotfireというBIツールにハマり、人に使い方を教えながらもまたその恩恵を受けているといういい循環も大きいですね。大体自分のようなポストにいる人たちはあまりプログラムを書く余裕もないだが、自分は幸せのほうと思います。