2020年8月28日金曜日

Excel VBAワークシートActiveせずにCellの行番と列番で範囲コピペ

 ワークシートを配列(左からのワークシートの順番)か、あるいはワークシート名で指定し、コピー元を特定できる

Range(Worksheets(1).Cells(1, 1), Worksheets(1).Cells(6, 6)).Copy

貼り付け先もRange(cells(1,1),Cells(6,6)).Addressで行番と列番で指定できる

(1) 配列指定

Worksheets(3).Paste Destination:=Worksheets(3).Range(Range(Cells(1, 1), Cells(1, 100)).Address)

(2) ワークシート名指定
Worksheets(“出力”).Paste Destination:=Worksheets(3).Range(Range(Cells(1, 1), Cells(1, 100)).Address)

(3) ワークシートのオブジェクト名指定

Sheet4.Paste Destination:=Worksheets(3).Range(Range(Cells(1, 1), Cells(1, 100)).Address)

0 件のコメント:

コメントを投稿