2014年11月26日水曜日

自由自在に鳥肌を立たせる 自由自在的控制雞皮疙瘩

自由自在に鳥肌を立たせることはできます。何に役に立つかわかりませんが、ずっとなんでだろうと思っていました。正しいかどうかわかりませんが、多分、多分ね、細く早く吸い込んだ空気が鼻腔内摩擦で静電気を発生して、その後意識(感じよう)で中医学がいう督脈の経路にある神経を伝達の経路を作り、肩の真ん中から両手の裏に、腰の真ん中から両足の裏に痺れる感覚を走らせたのではないかと思います。通ったところは毛と鳥肌が立ちます。正解かどうかわかりませんが、こういうふうにコントロールできたのは間違いないです。
雞皮疙瘩可以自由自在的控制。雖然不知道有什麼好處,不過一直在想到底為什麼做得到。不知道對是不對,我想可能吧,可能是細細快速吸進的空氣跟鼻腔摩擦產生了靜電,然後用意識(去感覺)啟動了中醫學所謂的督脈經絡附近的神經作出了傳導的路徑,把麻麻的感覺從肩膀的正中央傳到兩手的手掌,從腰部的中央傳到兩腳底。通過的地方毛就會站立起雞皮疙瘩。不知道對不對,不過就是這樣控制的沒錯。

0 件のコメント:

コメントを投稿