post by yamamoto | 0 | 3,661 views

f05d 再 root 化

以前 富士通 f05d を root 化して、debianを入れて開発環境として使っていました。

しかし、ソフトウェア更新を「自動で更新を行う」にしたから、ファームウェアが V08R31C から V11R40A に更新されたから、

root 化が消えてしまいました。fonepad を買って root 化したから、しばらくこちらが放置されました。

最近、内蔵のSDカードが頻繁に容量がいっぱいになって、es ファイルエクスプローラーの 「SD カード解析」機能で解析したところ、

/mnt/sdcard/DCIM の下に2つサムネイルの隠しフォルダがあり、なんと容量が合計2〜3GBも使っていました。恐らく QuickPic

とFacebook この二つアプリのせいだと思われます。サムネイルのディレクトリを設定するところが見当たらないので、

やはり root 化してなんとかしないとすごくうざいです。

f05d の再 root 化はこちらのサイトを参考しました。しかし、root 化していても 内蔵の SD カードの fat なので、シンボリックリンクが貼れません。

他にもいい方法あるかもしれませんが、当分 mount -o bind /mnt/sdcard/external_sd/DCIM /mnt/sdcard/DCIM で対応しました。

しかし、毎回端末エミュレータから上記のコマンドを実行するのも大変実用ではないので、BusyBox Installer の Scripter をつかって「Set at boot」にして

起動するときに上記のコマンドを自動的に実行するようにしました。外部の SD カードは32GBもあるから、多分容量いっぱいにはならないだろうと思います。

折角 root 化したから、fonepad にいれた Debian Kit も入れました。もちろん sqlite 版の WordPress も、phpliteadmin.php もいれました。

設定は fonepad と同じなので、下記の過去の記事を御覧ください。こちらでは割愛します。

これで、f05d, fonepad, 初代 iPad の3ディバイスが似た環境になりました。

もちろん、f03d も出来ますが、妻と娘にあげたからしばらく弄ることができません。^^;

またアマゾンから安く買えれば、買おうですかね。

Comments are closed.