Monthly Archives: 8月 2020

post by yamamoto | | 0 | 26 views

攻撃者と思われるIP一覧(8月30日時点)

85.204.246.240 213.217.225.176 89.35.39.180

post by yamamoto | | 0 | 21 views

bash ファイル名に半角スペースが入っているファイル一覧の取得

シュルはループをしなくても下記の例のように、ファイル一覧から、ファイル名をパラメーターにして、自分のプログラムに渡して順番に実行することができます。まあ、一番いい方法かどうかは置いといて、やりたいことができるならわるくないとは思います。 #!/bin/bash TD=/tmp/all2mp4-$$ ls -l ~/myfiles/*.anyext | awk '{print "bash ~/myprogram.sh " gsub(/ /,"\\ ",$9)}'> $TD bash $TD sleep 1 rm $TD しかし、ファイル名にスペースが入っている場合、上記のawkからちゃんとファイルを取得することができなかったので、下記に書き直しました。それから、自分のプログラムに渡した場合、スペースを¥(バックスラッシュ)でエスケープしないとちゃんとパラメーターとして渡せない点を注意する必要がありますね。 #!/bin/bash TD=/tmp/all2mp4-$$  ls -l ~/myfiles/*.anyext | awk '{tmp=$1;for (i = 2; i <= 8; i++) tmp=tmp " " $i;gsub(" "," ",$0);gsub(tmp " ","",$0); gsub(" ","\\ ",$0); print "bash ~/myprogram.sh " $0}'> $TD bash $TD sleep 1 rm $TD 【註】$$ 実行されたシェル自身のプロセスIDです。 (日付が一桁のとき、2連スペースになるため、2連スペースを一つスペースに置換する修正しました)   ミラーサイト: https://shyunsei.blogspot.com/2020/08/bash.html

post by yamamoto | | 0 | 55 views

DPC公開データのクレンジング(汎用性のある横持ち表を縦持ちデータに変換するツールとしてのつもり^^;)

(※このバージョンは件数と在院日数の値が同じくカラム数しか対応できないため、近々カラム数の異なるバージョンも公開します)  厚労省が公開したデータがいけていない(さらに複雑な分析ができない)からDPC公開データのクレンジングのためにExcel のVBAプログラミングで簡単なツールを作りました。 https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000196043_00003.html 抽出手順               1.データの範囲を検知(行数、列数)         2.表頭を値として取得           3.値が2種類(件数、在院日数。8/4=2)があるから同時に2列を書き出す   4.次の表頭グループからデータを抽出       Excelファイルを下記からダウンロードできます。  Excel xlsm 公開するか未定ですが、自動的に厚労省のURLからダウンロードして、表側と表頭を自動的に判別してCSVに吐き出すか、データベースに入れる拡張をする予定です。 ミラーサイト: https://shyunsei.blogspot.com/2020/08/dpc.html

post by yamamoto | | 0 | 29 views

Excel VBAワークシートActiveせずにCellの行番と列番で範囲コピペ

ワークシートを配列(左からのワークシートの順番)か、あるいはワークシート名で指定し、コピー元を特定できる Range(Worksheets(1).Cells(1, 1), Worksheets(1).Cells(6, 6)).Copy貼り付け先もRange(cells(1,1),Cells(6,6)).Addressで行番と列番で指定できる (1) 配列指定 Worksheets(3).Paste Destination:=Worksheets(3).Range(Range(Cells(1, 1), Cells(1, 100)).Address)' (2) ワークシート名指定Worksheets("出力").Paste Destination:=Worksheets(3).Range(Range(Cells(1, 1), Cells(1, 100)).Address) (3) ワークシートのオブジェクト名指定 Sheet4.Paste Destination:=Worksheets(3).Range(Range(Cells(1, 1), Cells(1, 100)).Address) https://shyunsei.blogspot.com/2020/08/excel-vbaactivecell.html