Monthly Archives: 1月 2013

post by yamamoto | | 0 | 999 views

mac mini で仮想化と二重仮想化 VMware Fusion と VirtualBox

mac mini server (mid 2011: Core i7 quad core 2.0GHz)は購入する時に Lion server が搭載されています。 現時点は、mountain lion にもアップグレードできます。(Lion から Mountain Lion へ移行しました。 ) 本体が小さいし、消費電力は最大85wで省エネなので、pure debian にすることもできます。 (debian squeeze on mac miniをご参照ください) もし、複数台の mac mini があれば、mountain lion と debian の両方の運用も可能です。 しかし、moutain lion 上、直接 xen を動かす情報はありませんでした。 mountain lion 上の VMware Fusion 4 で二重仮想化ができ、pure debianで作った xen の domain-U を動かすことができます。 VMware Fusion 5 はいまのところ、再起動ループの問題があって、稼働できないです。 そしたら、フリーの VirtualBox で Xen を動かしてみたらどうだと思いまして、試しました。 結果は、pure ...

post by yamamoto | | 0 | 1,319 views

C01HW で台湾の中華電信の3G sim を使ってみました。

2012年12月26日-2013年1月5日まで、台湾へ行ってきました。 桃園国際空港の税関を出て右のほうに中華電信のカウンターがありましたので、 そこで、10日間の sim カードを500台湾ドルで買いました。 (本来は7日間450台湾ドルと3日間250台湾ドルの組合せで買おうと思ったのですが、中華電信の方が10日間の設定?をしてくれました。しかも、500台湾ドルで100台湾ドルの無料通話料が含まれているそうです。手元にsim フリーの携帯がないので、通話は使いませんでした。) マイクロsim の下駄を持っているので、わざとマイクロsimを買ったのです。 早速C01HWにsimを入れて、iPad(スマートフォンでも可)をC01HWに接続してブラウザで設定をしました。 手順は下記の通りです。 ブラウザで http://192.168.1.1に接続します。ユーザ名は「admin」で、パスワードは電池の下の書いてあります。 ログインしてから、「OK」をクリックします。 次の画面の左側のメニュー「設定」をクリックします。 続いて、「3G設定」をクリックします。 それから、「プロファイル設定」をクリックします。 それから、上記の画像のように、プロファイル名を「CT-internet」、認証方式を「PAP」、APNを「internet」入力して、 「保存」をクリックします。 保存したら、「3G設定」の画面に戻って、「接続モード設定」をクリックします。 プロファイルリストを「CT-internet」に設定し、「適用」をクリックします。 これで、設定完了です。

post by yamamoto | | 0 | 1,274 views

Lion から Mountain Lion へ移行しました。

App Store から Mountain Lion を購入して Macmini Server の OSX を変えました。 案の定、いろいろな課題が発生しました。 ssh のポートが 22 番に戻されました。 /System/Library/LaunchDaemons/ssh.plist の<string>ssh</string>を<string>(設定したいポート番号)</string>に変更すれば、以前の設定に戻せます。公開鍵の認証もそのまま機能しています。 アプリも使えなくなるのがいろいろありますが、特に自分の環境で解決しなければならないものを挙げました。 VMware Fusion 4 4.1.1 を使っていましたが、Mountain Lion では使えないので、一旦削除して、VMware のホームページから 4.1.4 をダウンロードしてインストールします。ライセンス情報は消えないから、そのまま使えます。 VMware Fusion 5 こちらはもちろん使えますが、問題は仮想マシン Debian 6 の Xen が何らかの原因で起動時 RAM のチェックのところで再起動され、再起動のループになり起動できなくなります。Xen 4.0 以外の起動は問題なくできますが、Xen の Domain-U の稼働ができなくなりますので、自分のニーズには合いません。ちなみに Fusion 5 は Lion 上でも同じ現象がありました。仕方がないから、Fusion 4 に戻して運用しています。 XtraFinder:最新のバージョンなら、問題なく使えます。 VirtualBox:最新のバージョンなら、問題なく使えますが、仮想マシンが使えるかは未踏です。 OSX server Macmini Lion Server に搭載されているバージョンは使えませんので、App Store から新しいバージョンを購入する必要があります。 しかし、インストールして接続すると、「SSLエラーが起きたため、サーバへのセキュリティ保護された接続を確立できません」というメッセージが出てきて接続できませんでした。 キーチェーンアクセス.appで、キーチェン>システムの中身を全部消して再起動したら、アクセスできるようになりました。