post by yamamoto | 0 | 2,262 views

itextSharp活用法

仕事の関係で、あまり予算がない状況でPDFの帳票を作らないといけないから、以下の組み合わせで
作ってみました。以外といい感じですね。納品したPDFはなんと延べ数十万ページ。

(1)Excel、Word、PowerPoint (基本的に背景とか作れるソフトであれば、なんでもよい)
(2)PrimoPDF
(3)C#+itextSharp

使い方は簡単で、(1)のソフトで背景と部品のPDFを作って、それを(3)でPDFテンプレートとして取り込んで、後は個別ページの文字とかグラフとかを入れれば、なんでもつくっちゃいます。

特にすごいと思うのは、以前ある顧客に1.5万人分(45,000 pages)の健診結果のPDFを一つ300MBのファイルを作ってあげたことがあります。やり方は、今後記事にします。

↑ こちらはJava用ですが、とても参考になると思います。

Related posts:

Comments are closed.