post by yamamoto | 0 | 1,431 views

C01HW で台湾の中華電信の3G sim を使ってみました。

2012年12月26日-2013年1月5日まで、台湾へ行ってきました。

桃園国際空港の税関を出て右のほうに中華電信のカウンターがありましたので、

そこで、10日間の sim カードを500台湾ドルで買いました。

(本来は7日間450台湾ドルと3日間250台湾ドルの組合せで買おうと思ったのですが、中華電信の方が10日間の設定?をしてくれました。しかも、500台湾ドルで100台湾ドルの無料通話料が含まれているそうです。手元にsim フリーの携帯がないので、通話は使いませんでした。)

マイクロsim の下駄を持っているので、わざとマイクロsimを買ったのです。

早速C01HWにsimを入れて、iPad(スマートフォンでも可)をC01HWに接続してブラウザで設定をしました。

手順は下記の通りです。

ブラウザで http://192.168.1.1に接続します。ユーザ名は「admin」で、パスワードは電池の下の書いてあります。

ログインしてから、「OK」をクリックします。

次の画面の左側のメニュー「設定」をクリックします。

続いて、「3G設定」をクリックします。

それから、「プロファイル設定」をクリックします。

それから、上記の画像のように、プロファイル名を「CT-internet」、認証方式を「PAP」、APNを「internet」入力して、

「保存」をクリックします。

保存したら、「3G設定」の画面に戻って、「接続モード設定」をクリックします。

プロファイルリストを「CT-internet」に設定し、「適用」をクリックします。

これで、設定完了です。

コメントを残す