post by yamamoto | | 0 | 37 views

Pokemon Go ジムレベルアップに雑魚を活用する!!!

ジムの最下段に弱いポケモンを置けば、周りでゲットした雑魚でも簡単にジムのレベルをアップさせることができます。 サンドパン(CP123)対ミニリュウ(CP149)で、+605をゲット! https://youtu.be/FFYkxdVWADg

post by yamamoto | | 0 | 35 views

Pokemon Go ジムでポケコインをゲット!

ジムを占領(便乗)したら、ショップの右上の盾をクリックしたらポケコインをゲットすることはできます。最大は10箇所ジムがカウントされますが、非常に難しいかもしれません。クリックしたあと、21時間後占領したジムがあれば、またクリックできる仕組みです。クリックできる直前に最大10箇所を占領できるようにするのがポイントです。     ちなみにジムはレベル10まであげられます。     基本的にレベル10を占領するため、かなり時間と薬や数多く強いポケモンが必要です。 しかし、最下段の敵が弱ければ、CPが同じかやや低いのポケモンで500ポイントずつ削ればます。それから、HPを節約するため、1体目を倒したらすぐ逃げましょう。   時間の盾のクリック時間が来たら、ジムが集中している場所へ行きましょう。例えば、沖縄美ら海水族館のある海洋博公園の構内だけでもジムが6箇所ほどあります。あまり人の行かない場所にあるジムを占領してから、4つのジムが集中している場所を占領してからクリックしましょう。   自分のポケモンはなかなかCPが低くて占領できないが、ポケコインをゲットすることは出来ますか?答えはYesですよ。自分の色のジムが占領しているジムで場合によって便乗できるジムがあります。そのジムに加えてすぐ盾をクリックすれば、少なくても10コインは貰えます。            

post by yamamoto | | 0 | 118 views

MongoDB の collection 内の すべての key を取得する

RDBM関連データベースの table に相当する collection に key : value のペアーが保管されている、key は field に似ていますが、一つ一つのオブジェクトに入っている key は可変です。だから、RDBMの field の一覧を出すのは簡単ですが、MongoDB は collection 内のオブジェクトを巡って取ってくる必要がある。  

 

{ "result" : "my_collection_keys", "timeMillis" : 290837, "counts" : { "input" : 3883160, "emit" : 117368229, "reduce" : 1281456, "output" : 33 }, "ok" : 1 }   実際にDPCのEFファイル、388万件ほどで実行してみた。 結果は下記の通りです。  db[mr.result].distinct("_id") [   "EF-0",   "EF-1",   "EF-10",   "EF-11",   "EF-12",   "EF-13",   "EF-14",   "EF-15",  

post by yamamoto | | 0 | 127 views

Mongodb で大量データ(390万件弱)をインポートしてみた

DPC外来のEFファイル(32列、2.1GB、3,883,160件)をMongodbにインポートしてみました。進捗の表示はずっと0.0Bなので、インポートできないと思ったが、一応ちゃんとインポートされて、所要時間はおよそ2分でした。しかもデータベース上の容量は 0.461GBで収またのですね。 db.EFn.find({"EF-0":201504}) で検索してみてもすぐレスポンスがあって、全然ストレスを感じませんでした。複雑な mapReduce はしていませんが、これからいろいろ分析してみます。 【以下オペレーション記録】 mongoimport --file DPC_EFn_201504-12_title.txt --headerline --type tsv -d dpc -c EFn --drop --ignoreBlanks 2016-03-24T12:16:06.388+0900 connected to: localhost 2016-03-24T12:16:06.389+0900 dropping: dpc.EFn 2016-03-24T12:16:09.378+0900 [........................] dpc.EFn 0.0 B/2.1 GB (0.0%) 2016-03-24T12:16:12.378+0900 [........................] dpc.EFn 0.0 B/2.1 GB (0.0%) 2016-03-24T12:16:15.377+0900 [........................] dpc.EFn 0.0 B/2.1 GB (0.0%) 2016-03-24T12:16:18.378+0900 [........................] dpc.EFn 0.0 B/2.1 GB (0.0%) 2016-03-24T12:16:21.378+0900 [........................] dpc.EFn 0.0 B/2.1 GB (0.0%) 2016-03-24T12:16:24.377+0900 [........................] dpc.EFn 0.0 B/2.1 GB (0.0%) 2016-03-24T12:16:27.377+0900 [........................] dpc.EFn 0.0 B/2.1 GB (0.0%) 2016-03-24T12:16:30.377+0900 [........................] dpc.EFn 0.0 B/2.1 GB (0.0%) 2016-03-24T12:16:33.377+0900 [........................] dpc.EFn 0.0 B/2.1 GB (0.0%) 2016-03-24T12:16:36.377+0900 [........................] dpc.EFn 0.0 ...

post by yamamoto | | 0 | 123 views

DPCデータ:厚労省 公開統計表 => Node.jsで自動ダウンロード(1)

  とりあえずの目標は、下記のサイトにある各年度の公開統計表ページのURLを取得すること。 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049343.html 【gethtml.js】 / モジュールロード var http = require('http'); var Iconv = require('iconv').Iconv;   // ダウンロード先URLを指定する var url = 'http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049343.html';   // ダウンロードする var req = http.get(url, function (res) {      var html='';       // データを受け取るたびに、文字列を追加     res.on('data', function (line) { var iconv = new Iconv('SHIFT-JIS','UTF-8//TRANSLIT//IGNORE');         var link=iconv.convert(line).toString(); link = link.replace(/[\n\r]/g,""); html += link;     });     // ファイルのダウンロードが終わるとendイベントが呼ばれる       res.on('end', function () { var result=html.match(/<a href=.*?<\/a>/g); for (var ...

post by yamamoto | | 0 | 124 views

Node.js:ネット巡回に必要な日本語コード変換

前回、簡単にHTMLファイルをダウロードしましたが、今回は日本語のエンコーディングがSHIFT-JISのページをUTF-8に変換して標準出力に出す方法を紹介します。 まず、追加する必要があるモジュールは node-iconv です。インストールは簡単です。   npm install iconv --save   【サンプルプログラム」gethtml.js // モジュールロード var http = require('http'); var Iconv = require('iconv').Iconv;   // ダウンロード先URLを指定する var url = 'http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049343.html';   // ダウンロードする var req = http.get(url, function (res) {     res.on('data', function (html) { var iconv = new Iconv('SHIFT-JIS','UTF-8//TRANSLIT//IGNORE'); console.log(iconv.convert(html).toString());     });       // ファイルのダウンロードが終わるとendイベントが呼ばれる     res.on('end', function () {         console.log('finished!!!');     });  });   // 通信エラーなどはここで処理する req.on('error', function (err) {     console.log('Error: ...

post by yamamoto | | 0 | 121 views

Node.js:ネット巡回の第一歩

【getHTML.js】   // モジュールロード var http = require('http'); var fs = require('fs'); // ダウンロード先URLを指定する var url = 'http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049343.html'; var outFile = fs.createWriteStream('file.html');     // ダウンロードする var req = http.get(url, function (res) {          // ダウンロードした内容をそのまま、ファイル書き出し。     res.pipe(outFile);       // ファイルのダウンロードが終わるとendイベントが呼ばれる     res.on('end', function () {         console.log('finish download.');     });  });   // 通信エラーなどはここで処理する req.on('error', function (err) {     console.log('Error: ', err); return;   });   【実行】node getHTML.js

post by yamamoto | | 0 | 149 views

DPCデータ:厚労省 公開統計表

サイト内リンク

DPC導入の影響評価に関する調査 に現時点平成18年度から平成26年度のデータが公開されています。    平成26年度  平成25年度  平成24年度  平成23年度  平成22年度  平成21年度  平成20年度  平成19年度  平成18年度 これらのリンク先に主にPDFとExcelがありますが、まず自動的にExcelファイルをダウンロードしてみるのは面白いかもしれません。 一応、手動でダウンロードしてみましたが、Excel ファイルは、古い xls の形式なので、 ssconvert で直接ダウンロードして xlsx に変換した。ちなみに、ssconvertは gnumericの一部なので、debianは、sudo apt-get install gnumeric でインストールする。Macは、brew install gnumeric でインストールする 【ダウンロード&変換】   ssconvert http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000104287.xls 0000104287.xlsx   なんで、変換する必要があるのかどういうと、Node.js の exceljs  で中身を取り出したいのだ(npm install exceljsで debian や mac でインストールできる)   【app.js】 var Excel = require('exceljs'); var targetExcelPath = "0000104287.xlsx"; var workbook = new Excel.Workbook(); workbook.xlsx.readFile(targetExcelPath).then(function () {     var sheet1 = workbook.getWorksheet(1);     for(var i=1;i<=10;i++){         var str = "";         for(var ...

post by yamamoto | | 0 | 128 views

Node.js を動かし続けるため、Forever を使ってみてダメだったので、nohup node にしてみた!

  cron に1分おきでサイトを確認して落ちたらForeverで再起動してみたが、大量のNodeプロセスが残されたため、メモリ足りなくなってサーバ自体が落ちた>< だから、下記のように変えてみた。 sudo crontab -e で下記の一行を追加 0-59/1 * * * *   /bin/bash /home/username/site_3000_alive.sh site_3000_alive.sh  -------------------------- #!/bin/bash   #================================================================ # check web server # # wget option # -nv : no verbose  # -S  : print server response # -t  : tries number  # -T  : timeout seconds # --spider             : don't download anything. # --http-user=USER     : set http user to USER. # --http-password=PASS ...

post by yamamoto | | 0 | 159 views

脆弱性スキャナーも文句いわない Postfix の SSL 設定

2016年3月10日時点で、 sudo vi /etc/postfix/main.cf を実行して、下記の数行を追加して、   #20160310 時点 smtpd_tls_eecdh_grade = strong tls_preempt_cipherlist = yes smtpd_tls_loglevel = 1 smtp_tls_loglevel = 1 smtpd_use_tls = yes smtp_use_tls = yes smtpd_tls_security_level = may lmtp_tls_mandatory_ciphers = high smtp_tls_mandatory_ciphers = high smtpd_tls_mandatory_ciphers = high smtp_tls_security_level = may smtpd_tls_mandatory_exclude_ciphers = MD5, DES, ADH, RC4, PSD, SRP, 3DES, AECDH, eNULL smtpd_tls_exclude_ciphers = MD5, DES, ADH, RC4, PSD, SRP, 3DES, AECDH, eNULL smtp_tls_mandatory_exclude_ciphers = MD5, DES, ADH, RC4, PSD, SRP, 3DES, ...