2021年3月27日土曜日

書くところ、調べるところ。格納する場所、検索する場所。どうしたら一石二鳥だろうね

  医療システムやネットワークの管理をして、早くも5年経った。医療情報学を勉強してから、既に23年も経ちましたが、目立つ研究もなくひたすらデータ処理の日々が続く気がする。

データの一次利用、二次利用等々がよく言われているが、シンプルに考えるとIT技術を使えば、書き込んたデータは簡単に検索できて、取得できるはずだが、現実はそうはいかない。

簡単に検索させる書き込みが設計されていなければ、中身を検索するのに大変な作業が発生し、ひどい場合単なる技術力だけで、取り出せないものもある。

各OS(オペレーティングシステム)の共通機能を使えば、なにか実態と参照をうまくリンクさせる方法もあるだろう。書きやすく調べやすい仕組みをこれから考えようと思う。

2021年3月16日火曜日

最短2分鐘可以知道新型冠狀病毒感染的檢驗方法



琉球大学公式HP:https://www.u-ryukyu.ac.jp/news/20839/

沖縄タイムス:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/721702
琉球新報:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1287183.html
日本経済新聞:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69998250V10C21A3TJ1000/
QAB:https://www.qab.co.jp/news/20210315135013.html
OTV:https://www.otv.co.jp/newstxt/index.cgi?code=00002124
RBC:https://www.youtube.com/watch?v=OYSRfRBUeJA
NHK:https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20210315/5090013500.html
共同通信、読売新聞は現時点で掲載見当たらず。

テレビ朝日 グッド!モーニング 7:06頃(映像URL無)

Spotfireのソース情報でデータの処理内容がわかる

下記の内容は平成22年度~平成30年度のDPC公開データ を結合させる情報です。

1. データ > データを追加… の選択

    ソース: ファイルからロードされたデータ

    タイプ: テキスト

    場所: D:\DPC公開データ\2015年3月DVD\contents\06\平成22~25年度厚労省公表データDPC病院データベース(全国編)\平成22~25年度厚労省公表データDPC病院データベース(全国編).txt

    データのロード時刻: 2021/03/16 11:44

    データは新しいデータテーブルとして追加されました

2. データ > データを変換… の選択

    変換が追加されました

        変換名: カラム名の変更

        名前変更するカラム: 病院名(共通)

        式: 病院名


3. データ > データを追加… の選択

    ソース: ファイルからロードされたデータ

    タイプ: テキスト

    場所: D:\DPC公開データ\2016年3月DVD\contents\06_研究班作成配布データ\平成26年度厚労省公表データDPC病院データベース\全国編.txt

    データのロード時刻: 2021/03/16 11:44

    データはデータテーブル「DPC公開データ」の新しいローとして追加されました

    一致動作: データのロード時に指定されたカラムの対応付けを試みます

    カラムの対応付け:

        年度 – 年度

        病院番号 – 病院番号

        都道府県コード – 都道府県コード

        都道府県名 – 都道府県名

        MDCコード – MDCコード

        MDC名称 – MDC名称

        DPC傷病名コード – DPC傷病名コード

        DPC傷病名 – DPC傷病名

        悪性腫瘍 – 悪性腫瘍

        脳血管障害 – 脳血管障害

        虚血性心疾患 – 虚血性心疾患

        糖尿病 – 糖尿病

        二次医療圏コード – 2次医療圏コード

        二次医療圏名 – 2次医療圏名

        病院名 – 病院名

    追加されたカラム:

        手術あり患者数/月

        手術なし患者数/月

    無視されたカラム: (なし)

    ローの起源を表示するカラム: データの起源

    既存のローを識別する値: 平成22~25年度

    新規のローを識別する値: 平成26年度

4. データ > データを追加… の選択

    変換が追加されました

        変換名: データ型の変更

        DPC傷病名コード: Integer > String


    データはデータテーブル「DPC公開データ」の新しいローとして追加されました

    一致動作: データのロード時に指定されたカラムの対応付けを試みます

    カラムの対応付け:

        年度 – 年度

        病院番号 – 病院番号

        病院名 – 病院名

        都道府県コード – 都道府県コード

        都道府県名 – 都道府県名

        MDCコード – MDCコード

        MDC名称 – MDC名称

        DPC傷病名 – DPC傷病名

        悪性腫瘍 – 悪性腫瘍

        脳血管障害 – 脳血管障害

        虚血性心疾患 – 虚血性心疾患

        糖尿病 – 糖尿病

        手術あり患者数/月 – 手術あり患者数/月

        手術なし患者数/月 – 手術なし患者数/月

        二次医療圏コード – 2次医療圏コード

        二次医療圏名 – 2次医療圏名

        DPC傷病名コード – DPC傷病名コード

    無視されたカラム: (なし)

    ローの起源を表示するカラム: データの起源

    新規のローを識別する値: 平成27年度

5. データ > データを追加… の選択

    ソース: ファイルからロードされたデータ

    タイプ: テキスト

    場所: D:\DPC公開データ\2018年3月DVD\contents\06_研究班作成配布データ\平成28年度厚労省公表データDPC病院データベース\全国編.txt

    データのロード時刻: 2021/03/16 11:44

    データはデータテーブル「DPC公開データ」の新しいローとして追加されました

    一致動作: データのロード時に指定されたカラムの対応付けを試みます

    カラムの対応付け:

        年度 – 年度

        病院番号 – 病院番号

        病院名 – 病院名

        都道府県コード – 都道府県コード

        都道府県名 – 都道府県名

        MDCコード – MDCコード

        MDC名称 – MDC名称

        DPC傷病名コード – DPC傷病名コード

        DPC傷病名 – DPC傷病名

        悪性腫瘍 – 悪性腫瘍

        脳血管障害 – 脳血管障害

        虚血性心疾患 – 虚血性心疾患

        糖尿病 – 糖尿病

        手術あり患者数/月 – 手術あり患者数_月

        手術なし患者数/月 – 手術なし患者数_月

        二次医療圏コード – 2次医療圏コード

        二次医療圏名 – 2次医療圏名

    無視されたカラム: (なし)

    ローの起源を表示するカラム: データの起源

    新規のローを識別する値: 平成28年度

6. データ > データを追加… の選択

    変換が追加されました

        変換名: データ型の変更

        DPC傷病名コード: Integer > String


    データはデータテーブル「DPC公開データ」の新しいローとして追加されました

    一致動作: データのロード時に指定されたカラムの対応付けを試みます

    カラムの対応付け:

        年度 – 年度

        都道府県コード – 都道府県コード

        都道府県名 – 都道府県名

        MDCコード – MDCコード

        MDC名称 – MDC名称

        DPC傷病名 – DPC傷病名

        悪性腫瘍 – 悪性腫瘍

        脳血管障害 – 脳血管障害

        虚血性心疾患 – 虚血性心疾患

        糖尿病 – 糖尿病

        二次医療圏コード – 2次医療圏コード

        二次医療圏名 – 2次医療圏名

        病院番号 – 告示番号

        病院名 – 施設名

        DPC傷病名コード – DPC傷病名コード

        手術あり患者数/月 – 手術あり症例数_月

        手術なし患者数/月 – 手術なし症例数_月

    追加されたカラム: 通番

    無視されたカラム: (なし)

    ローの起源を表示するカラム: データの起源

    新規のローを識別する値: 平成29年度

7. データ > データを追加… の選択

    変換が追加されました

        変換名: 計算カラムの追加

        カラム名: 年度

        式: '2018'


    データはデータテーブル「DPC公開データ」の新しいローとして追加されました

    一致動作: データのロード時に指定されたカラムの対応付けを試みます

    カラムの対応付け:

        年度 – 年度

        病院番号 – 告示番号

        都道府県名 – 都道府県

        二次医療圏コード – 二次医療圏コード

        二次医療圏名 – 二次医療圏

        病院名 – 施設名

        DPC傷病名 – DPC6名称

        DPC傷病名コード – DPC6

        通番 – 通番

    追加されたカラム:

        手術有無

        件数

        在院日数

    無視されたカラム: (なし)

    ローの起源を表示するカラム: データの起源

    新規のローを識別する値: 平成30年度

8. データ > データを変換… の選択

    変換が追加されました

        変換名: 計算カラムでの置換

        置換するカラム: 手術あり患者数

        結果カラムの名前: 手術あり患者数

        式: If([手術あり患者数] is not null,[手術あり患者数],Ceiling([手術あり患者数/月] * 12))


        変換名: 計算カラムでの置換

        置換するカラム: 手術なし患者数

        結果カラムの名前: 手術なし患者数

        式: If([手術なし患者数] is not null,[手術なし患者数],Ceiling([手術なし患者数/月] * 12))


        変換名: カラムを除外

        除外されたカラム:

            手術あり患者数/月

            手術なし患者数/月


9. データ > データを変換… の選択

    変換が追加されました

        変換名: カラム名の変更

        名前変更するカラム:

            手術あり患者数

            手術なし患者数

        式: Substring([%C],1,4)


        変換名: ピボットの解除

        移動するカラム:

            年度

            病院番号

            病院名

            都道府県コード

            都道府県名

            二次医療圏コード

            二次医療圏名

            MDCコード

            MDC名称

            DPC傷病名コード

            DPC傷病名

            悪性腫瘍

            脳血管障害

            虚血性心疾患

            糖尿病

            データの起源

            手術有無

            件数

            在院日数

            通番

        変換するカラム:

            手術あり

            手術なし

        カテゴリ カラム名: tmp手術有無

        カテゴリ カラムのデータ型: String

        数値列名: tmp件数

        数値列のデータ型: Real

        含まれている空の値: はい


        変換名: 計算カラムでの置換

        置換するカラム: 手術有無

        結果カラムの名前: 手術有無

        式: If([手術有無] is not null,[手術有無],[tmp手術有無])


        変換名: 計算カラムでの置換

        置換するカラム: 件数

        結果カラムの名前: 件数

        式: If([件数] is not null,[件数],[tmp件数])


        変換名: カラムを除外

        除外されたカラム:

            tmp手術有無

            tmp件数


10. データ > データを変換… の選択

    変換が追加されました

        変換名: 計算カラムでの置換

        置換するカラム: 都道府県名

        結果カラムの名前: 都道府県名

        式: If([都道府県名]!="京都",RXReplace([都道府県名],"(.*)[県|府|都]$","$1",""),[都道府県名])


2021年3月15日月曜日

さくらインターネットのレンタルサーバにMysqlの大きいdumpファイルのインポート

 さくらインターネットのレンタルサーバはFreeBSDをつかっています。LAMPの環境が揃っています。

基本的にFTPアカウントが発行されて、Webベースでファイルの転送もデータベースの作成および管理(phpMyAdmin)ができます。

しかし、phpMyAdminは、dumpファイルをインポートする場合、最大16MBのファイルしかアプロードできません。

明確的にSSHアカウントは提示されていないが、実際にSSHでの接続も可能だと確認しました。しかし、SSHで接続してもmysqlでリモートMysqlサーバへの接続はできなかったようです。

そこで、dumpファイルの中身はSQL文なので、A5m2というSQLクライアントからインポートすることを試しました。

もちろん、自宅のパソコンから直接Mysqlサーバを接続できるとは思いませんが、一応試してみました。案の定、当たり前に制限がかけられています。

で、よく考えるとレンタルサーバからアクセスできるから、そのIPは許可されているだろうと思います。

なので、SSHトンネルをBitvise SSH Clientで掘ろうと考えていました。

BitviseのSSH設定はそんなに難しくないので、割愛しますが、

C2Sのタブの設定は下記の通りです。

  • listen interface => 127.0.0.1
  • List Port => 3306 (ローカルにMysqlが稼働している場合、3326とかに設定してください)
  • Destination Host => レンタルサーバが提供しているMysqlサーバ mysql~.~.ac.jp
  • Dest. Port => 3306
A5m2のデータベース設定は、Mysql直接接続で、IPを127.0.0.1にすれば、接続できるはずです。

それから、Dumpファイルを読み込んで「先頭からすべて」実行をすれば、いまのところ500MB位のファイルでも実行できました。だが、1.2GBのファイルは読み込みの途中にエラーになったが、ファイルが大きい過ぎたか、それともUTF8コードの問題なのか調査中です。結果がわかった次第追記します。


2021年3月12日金曜日

馬鹿にできないドラッグアンドドロップによるミス

今日ある業者がやってきて2週間在宅勤務して職員がチェックした文書テンプレートはシステムとともに消えたという大騒ぎだった。
だれも消してなかったのに謎だと、彼らの本社の技術者に復旧させて1週間かかるそうだ。せっかくチェックしてもらったテンプレートも多分消えたと長に謝罪しに来たわけ。
技術担当の副の私に報告はなかったの気に食わないほどでもないが、自分の席に座って聞いているうちにそんなはずないだろうと不思議に思って事件現場のノートパソコンを見に行った。
プログラムで自動削除のフォルダでもなく、誰も削除していなく、ゴミ箱も空にしていなかった!頭に過ぎったのは、もしかして誰かがドラッグアンドドロップで隣のフォルダの下に持っていたのだろうね。
実行ファイルなんとかexeを検索したら、案の定、Excel統計なんちゃらフォルダの下にあった!
この不意なドラッグアンドドロップはよくあって全然不思議じゃないが、なんとかexeを最初から検索する発想がない自体がちょ~不思議でしょうがない。本当に任せていいのだろうまで考えちゃうよ。
まあ、以前仲間にOutlookのメールが全部消えたと相談されたこともあったからこその勘かもしれん。

2021年3月9日火曜日

iPhoneのカレンダーに見知らぬアカウントによるフィティングリンクの恐れ

 昨日突然妻から、iPhoneのカレンダーに怪しい予定はいっぱい書き込まれました。




最初はメールアドレスの盗用されたと思って、メールアカウントのパスワードと、そのメールアドレスのApple IDのパスワードを急遽変更しました。しかし、書き込みが消えず、よくカレンダーの設定のアカウントを調べると下記の画像のような気持ち悪いアカウントがいつの間にか設定されてしまいました。おそらく料理紹介のホームページにある怪しい広告をクリックしたかもしれません。くれぐれもご注意ください。

幸い、このアカウントを削除すれば、書き込みも消えました。なにが違和感を感じたときは、絶対にリンク等をクリックしないほうが身のためでしょう。



さらにnslookupで ylevelsoft.funを調べてみるとIPは13.226.77.* セグメント内の4つのようです。

$ nslookup ylevelsoft.fun
Server:         192.168.11.1
Address:        192.168.11.1#53

Non-authoritative answer:
Name:   ylevelsoft.fun
Address: 13.226.77.19
Name:   ylevelsoft.fun
Address: 13.226.77.33
Name:   ylevelsoft.fun
Address: 13.226.77.8
Name:   ylevelsoft.fun
Address: 13.226.77.15

これらのIPアドレスを調べると、東京にあるIPアドレスがわかって、Amazonにホスティングしてるようです。


カレンダーのアカウントに登録したサーばをnslookupを調べると13.33.9.*セグメントの4つが使われて、Amazonにホスティングしてるようです。
このホスト名は、server-13-33-9-105.nrt57.r.cloudfront.net
上記のIPのホスト名server-13-226-77-19.nrt20.r.cloudfront.netと同じベンダーがわかりました。

nslookup expertynow.club
Server:         192.168.11.1
Address:        192.168.11.1#53

Non-authoritative answer:
Name:   expertynow.club
Address: 13.33.9.105
Name:   expertynow.club
Address: 13.33.9.102
Name:   expertynow.club
Address: 13.33.9.32
Name:   expertynow.club
Address: 13.33.9.13

2021年3月5日金曜日

自己流思い付き

 長年契約してきたさくらインターネットのVPSに稼働しているWordpressが何らかのものに削除されました。幸い残したいものはこのブログに移したので、あまり困ったことはありませんでした。もうVPSを解約しようと思いますが、今年の11月までの契約なので、正直って迷っております。

 職場のホームページサーバがMacmini上のピュアDebianなので、実験台としてVPSを契約したのですが、もう実験しないし、解約してもよいだと思います。

  このブログもこれをきっかけにタイトルを変えました。