post by yamamoto | 0 | 1,715 views

Apache2 rewrite 開発環境を iPad の lighttpd に移行する

MacBook pro の php 開発環境を iPad に移してどこでも開発できるようにしたいという目標でチャレンジしてみました。

開発しているシステムは、MVC(モデル/ビュー/コントローラー)の枠組みを利用したもので、URI を rewrite して、

index.php から URI に対して応答するコントローラーとメソッドを呼び出しますから、Webサーバの rewrite 機能が必須です。

それから、モデルからはデータベースではなく xml ファイルに対して読み取りと書き込みを DOM で行いました。

MacBook pro の Apache のルートではなく /APP に設置する形で開発を進んでいます。

/APP/.htaccess の中身は下記の通りです。

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine On
RewriteBase /APP/
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteRule !\.(pdf|ico|gif|jpg|png|css|html|xml)$ index.php

一方、lighttpd では .htaccess は対応していません。iPad で Web 開発環境を作るのはこちらの記事をご参照ください。

まず、rewrite をオンにするために /etc/lighttpd2.conf を編集する必要があります。mod_rewriteの記載がなければ、追加してください。

server.modules = ( “mod_cgi”,”mod_indexfile”,”mod_dirlisting”, “mod_accesslog”,“mod_rewrite” )

続いて、rewrite の変換ルールを追加します。

これで MacBook と同じ動きができます。

コメントを残す