Category Archive: PHP

post by yamamoto | | 0 | 600 views

ポータルウェブアプリ開発セット

  ずっとスマートフォンだけでウェブアプリの開発ができるなら便利かなと思っています。 それがやっと揃いました。 1)F-05D (要root化) 2)ポケットチャージャー 02(DOCOMOショップでポイントを使って交換した) 3)micro USB 充電用ケーブル(百均で買った) 4)スタンド(展示会で貰った) 5)Rii mini Bluetooth キーボード   ◎どこまでできる?    root化した端末にdebian squeeze をいれて(設定方法はあまり変わらないから、こちらの記事を御覧ください)、apache2 と php5 をインストしました。移植した自作ウェブアプリは apache2 の rewrite を使うから、「# a2enmod rewrite」で rewrite を有効にしました。   移植したウェブアプリは、400個の XMLを編集するツールで、下記の技術が関連します。   (1)PHP: DOMDocument(XMLの入出力)   (2)xaja   (3)Model View Controller   (4)View としての Smarty プログラムの編集は、vi コマンド(英語のみ)や Droid Edit をつかいました。 ◎ パフォーマンス   free というコマンドで確認したところ、トータルメモリ648mbのうち、617mb 使用済みで、残り30mb しかないが、400個の xml ファイルを読み込んでリストアップした時間は、2秒弱ほどでした。 ◎ データベースは、mysql とpostgrel のインストールはまだうまくいかなかったが、sqlite が使えたのを確認しました。(sqlite を使った wordpress が動いています)

post by yamamoto | | 0 | 1,204 views

Apache2 rewrite 開発環境を iPad の lighttpd に移行する

MacBook pro の php 開発環境を iPad に移してどこでも開発できるようにしたいという目標でチャレンジしてみました。 開発しているシステムは、MVC(モデル/ビュー/コントローラー)の枠組みを利用したもので、URI を rewrite して、 index.php から URI に対して応答するコントローラーとメソッドを呼び出しますから、Webサーバの rewrite 機能が必須です。 それから、モデルからはデータベースではなく xml ファイルに対して読み取りと書き込みを DOM で行いました。 MacBook pro の Apache のルートではなく /APP に設置する形で開発を進んでいます。 /APP/.htaccess の中身は下記の通りです。 Options +FollowSymLinks RewriteEngine On RewriteBase /APP/ RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f RewriteRule !\.(pdf|ico|gif|jpg|png|css|html|xml)$ index.php 一方、lighttpd では .htaccess は対応していません。iPad で Web 開発環境を作るのはこちらの記事をご参照ください。 まず、rewrite をオンにするために /etc/lighttpd2.conf を編集する必要があります。mod_rewriteの記載がなければ、追加してください。 server.modules = ( "mod_cgi","mod_indexfile","mod_dirlisting", "mod_accesslog","mod_rewrite" ) 続いて、rewrite の変換ルールを追加します。

これで MacBook と同じ動きができます。

post by yamamoto | | 0 | 808 views

php gd thumbnail.php サブネイル

thumbnail.php   <?php     $file_path = isset($_GET['file']) ? htmlspecialchars($_GET['file']) : null;     // JPEG画像を読み込む     $im_inp = ImageCreateFromJPEG($file_path);     $ix = ImageSX($im_inp);    // 読み込んだ画像の横サイズを取得     $iy = ImageSY($im_inp);    // 読み込んだ画像の縦サイズを取得     $ox =  isset($_GET['x']) ? htmlspecialchars($_GET['x']) : 150;           // サイズ変更後の横サイズ     $oy = ($ox * $iy) / $ix;   // サイズ変更後の縦サイズ          // サイズ変更後の画像データを生成     $im_out = ImageCreateTrueColor($ox, $oy);     ImageCopyResized($im_out, $im_inp, 0, 0, 0, ...

post by yamamoto | | 0 | 1,258 views

sshfs の実験

ローカルの Debian squeeze から 他の遠隔の ssh サーバにあるフォルダをローカルのディレクトリのように使うのは、sshfs があります。 で、WordPress の実体を ssh サーバに置く場合、ちゃんと動けるかを実験してみました。 1.ssh サーバにパスフレーズのなし、公開鍵を入れておく。(/home/youraccount/.ssh/authorized_keys) 2.ローカルの Debian の設定 sshfs のインストール sudo apt-get install sshfs autossh のインストール sudo apt-get install sshfs sshfs のマント先の作成 mkdir /var/www/yourWordpress www-data のホームディレクトリーの作成 sudo mkdir /home/www-data sudo chown www-data:www-data /home/www-data #www-dataホームディレクトリ、ログインシェルを/bin/bashに変更 sudo vi /etc/passwd sudo mkdir /home/www-data/.ssh sudo chmod 700 /home/www-data/.ssh このディレクトリの下に秘密鍵を置く www-data でマントできるようにする sudo usermod -G fuse www-data sudo chmod g+rwx /dev/fuse Debian を再起動する 3.sshfs でマントしてみる sshfs -o IdentityFile=/home/www-data/.ssh/privatekey -o ssh_command=autossh -o nonempty sshuser@your.ssh.server:/home/sshuser/public_html/wordpress /var/www/yourWordpress 出てきたメッセージに対して、「yes」を答える wordpress ...

post by yamamoto | | 0 | 1,220 views

iPad で Web 開発環境を作る

もちろん、いう必要がありませんが、cydia が使えるのが前提です。必要なものは下記の通りです。 lighttpd Lighttpd SBSettings Toggle lighttpd の設定ファイルを作ってくれる PHP Perl OpenSSH OpenSSL textastic Textastic Code Editor AppLinks /var/www のシンボルリンクを簡単に Textastic の Documents の下に作るため ln -s /var/www /var/mobile/AppLinks/Textastic.app/Documents/www Safari htmlファイル、phpやperl のプログラムは、Textastic Code Editor で編集し、実行は Safari 等のブラウザで確認する。

post by yamamoto | | 0 | 769 views

Smarty + xajax = ?

(旧www.9ten.netから) Smarty + xajax = easy PHP ^^ サンプルです。smartyxajax.zip 下記のxajaxのフォルダをサンプルフォルダsmartyxajaxを同じディレクトリー(例えば、/var/www/htdocs/)にアップロードしてください。 xajax xajax_controls xajax_core xajax_js xajax_plugins

post by yamamoto | | 0 | 1,246 views

Windows XPのApache+PHPでFCKeditor 2.6RCのファイルマネージャ

(旧www.9ten.netから) 前回テストした結果: 日本語名のフォルダを作ったら文字化け (_ 日本語名のファイルをアップロードしたら、ファイル名が文字化け(ーー ローカルで日本語名に変更してもブラウザーで表示させると文字化け(´_`。) どうすればいいのか?phpを修正するしかないですね。 <修正> ファイルマネージャのプログラムは\fckeditor\editor\filemanager\connectors\phpの直下にあります。 フォルダを作成するのはcommands.phpのCreateFolder関数。下記のところを修正すればok! //$sServerDir .= $sNewFolderName ; $sServerDir .= mb_convert_encoding($sNewFolderName,'SJIS-win','UTF-8′); ファイルアップロードしてサーバに保存するのはcommands.phpのFileUpload関数。下記のところを修正すればok! //move_uploaded_file( $oFile['tmp_name'], $sFilePath ) ; move_uploaded_file( $oFile['tmp_name'], mb_convert_encoding($sFilePath,'SJIS-win','UTF-8′) ) ; フォルダとファイルの一覧を表示する場合は、util.phpのConvertToXmlAttribute関数にフォルダ名とファイル名を渡すので、下記のところを修正すればok! //return ( utf8_encode( htmlspecialchars( $value ) ) ) ; return (mb_convert_encoding(htmlspecialchars( $value ),'UTF-8′,'SJIS-win')) ; 一応、上記の3箇所を修正すれば、日本語名のフォルダ作成、日本語名のファイルのアップロードと一覧がちゃんと日本語のままになります。しかも、ファイルをリンクに貼る場合もクリックしたら日本語名で開くや保存できます。ヽ(´ー`)ノ