Category Archive: Windows

post by yamamoto | | 0 | 580 views

Mac 動画から静止画を抽出するアプリ MEPG Streamclip

本家:http://www.squared5.com/ 一応 Windows にも対応しますが、静止画を取るのがホットキーがないため、ちょっと面倒です。^^; それから、サポートする動画のフォーマットは、MPEG, VOB, PS, M2P, MOD, VRO, DAT, MOV, DV, AVI, MP4, TS, M2T, MMV, REC, VID, AVR, M2V, M1V, MPV, AIFF, M1A, MP2, MPA, AC3, ... です。   操作は簡単で英語が読めなくても動画ファイルをアプリにドラッグアンドドロップして開きます。 それから再生ボダンで撮りたいフレームに止めて、command + option + f 3つのキーを押すと下記のウインドが出てきます。動画と同じサイズにしたい場合は「Unscaled」に、Quality(画質)も最高(デフォルトは50%)にします。(一回設定したら、アプリを再起動しない限り覚えてくれます) Enter を2回押せば保存されます。下記のウインドを Command + w で閉じて引き続きフレームを探して静止画を撮ります。 ・ちなみにこのアプリは他にいろいろな機能がありますが、この記事には割愛します。 (キャプチャした画像です) (元の動画はこちらです) http://youtu.be/vXYpXm7_lc8

post by yamamoto | | 0 | 574 views

パソコン修復 データを取り出す

部下の Windows XP が起動できなくなりました。 とりあえず、なかのデータを取り出してバックアップします。 方法としては、G-data を持っている方は、その CD-ROM で起動すれば、外付けのハードディスクなりUSBメモリなりにファイルをコピーすることはできるでしょう。 持っていない方は、KNOPPIX を使ってもデータの取り出すもできます。(但し、ハードディスクが壊れてない場合に限ります) KNOPPIX は CD や DVD で起動できる Linux で、USBメモリに入れることもできます。 但し、USBメモリに入れる場合、KNOPPIXを起動させることが必要なので、CD や DVD のイメージファイルをダウンロードして焼くのも気が遠くなる方は、VMwareかVirtualboxをお勧めします。 古い携帯で使っていた 2GB の MicroSD がありますので、 ↓こちらのリーダとかませて財布の小銭入れに入れて持ち歩きます。 ちなみに、パソコンのハードディスクが暗号化されなければ、このUSBメモリ一本で差しこんで、起動すればなんでも読み書きできます。  

post by yamamoto | | 0 | 1,980 views

iOSシミュレータの意外な使い方(Nドライブのplayer)

Nドライブは 30GB の無料スペースを提供しています。そこに動画をアップロードして、iPad やスマホでマルチメディアサーバとして使っています。 しかし、Windows や Mac のアプリは再生機能がないため、ダウンロードしてからの再生となります。 そこで、iOSシミュレータの safari でNドライブをアクセスして中の動画の再生を試したました。 iOS 5.0 再生できなかった iOS4.3 再生できた それから、Adobe Air で動かすiBBDemo3は、「Please wait ...」のまま、再生できませんでした。 alexw iPad シミュレーターも再生できませんでした。

post by yamamoto | | 0 | 1,028 views

iPad と パソコンのデータ転送

iPad 跟電腦的資料傳送 以前、FileAppを買ったので、これと連携するDiskAidを試用しました。 たまたま、Educational Licenseを見つけました。その後ずっとDiskAidを使っております。「ac.jp」のメールアドレスを持っていれば、登録できます。(umin.ac.jpの会員になれば、このライセンスを利用することができます。) DiskAidのメリットはファイル転送が早いのと、iPad をUSBメモリとして使えるとか結構気に入っています。でも、現在iPadはFileAppよりGoodReaderがよく使っていますので、DiskAidからGoodReaderにファイルを転送して閲覧しております。もちらん、他のアプリへファイルの転送もできますし、MacBook Proでの操作はFinderみたいのもんですごく使いやすいのです。ぜひ使ってみてください。

post by yamamoto | | 0 | 793 views

Windows 8 Consumer Preview

MacBook pro の VMware fusion 4 に Windows 8 Consumer Preview を入れてみました。 2013 年 1 月 15 日まで使えるらしいですね。 興味ある方はこちらからダウンロードしてください。 デスクトップに金魚のイラストがあって、インターネットエクスプローラ10を開いたら、batta fish が泳いでいますね。 これから、また面白い機能があれば、追記します。 MacのFinderからWindows 8のディスクトップにドラグ&ドロップはできますが、共用フォルダの設定がきかなかったです。 う〜ん、また調べよう〜と (結局、Windows 7 の仮想マシンからインストールするときに共有の設定が残されたので、一旦削除して、共有をオフして再起動してから、共有をオンにして共有フォルダを追加することで問題なくMacBookとの共有ができました^^) いまのところ下記のソフトは問題なく動いているので、仕事できますね。 手元のMacBook Proはクアッドコア、8GBメモリ搭載なので、4個のプロセッサーコアと2GBメモリを割り当てて使っているから、ちょっと快適ですね。 Abbyy Fine Reader 11(素晴らしい多言語OCRソフト) Emeditor // // // ]]> インストールさえできないソフト: Nドライブ VMware Fusion 4に附属されているMcAfee VirusScan まだあるかな^^;